無料ブログはココログ

芸能・アイドル

2009年12月13日 (日)

石川県 御陣乗太鼓 - 明治村にて

ご覧いただいて有難うございます。
この他に、写真アルバムをピカサに載せています。
写真に興味の有る方はこちらもどうぞ。
http://picasaweb.google.co.jp/monntyann63
画像をクリックすると拡大できます。

Dsc01232001_2 Dsc01235001_2天正4年(西暦1576年)越後の上杉謙信は、能登の名城であった七尾城を攻略して「秋は軍営に満ちて 秋気清し 越山を併せたり 能州の景」と詠じ、その余勢をかって奥能登平定に駒を進めた。

現在の珠洲市三崎に上陸した上杉勢は、各地を平定し天正5年、破竹の勢いで名舟村へ押し寄せてきた。武器らしいものがない村人達は、鍬や鎌まで持ち出して上杉勢を迎撃する準備を進めたが、あまりにも無力であることは明白であった。しかし郷土防衛の一念に燃え立った村人達は、村の知恵者といわれる古老の指図に従い、樹の皮で仮面を作り、海藻を頭髪とし、太鼓を打ち鳴らしながら寝静まる上杉勢に夜襲をかけた。上杉勢は思いもよらぬ陣太鼓と奇怪きわまる怪物の夜襲に驚愕し、戦わずして退散したと伝えられている。

 村人達は名舟沖にある舳倉島の奥津姫神の御神徳によるものとし、毎年奥津姫神社の大祭(名舟大祭・7月31日夜から8月1日)に仮面をつけて太鼓を打ち鳴らしながら神輿渡御の先駆をつとめ、氏神への感謝を捧げる習わしとなって現在に至っている。

Dsc01258001_2

終わりに、全員面を外して、素面を見せてくれましたが、本来は、誰にも素顔を見せないそうです。

Dsc01263001_2

Dsc01288001_2

Dsc01294001_2

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31